Trigger Warning: This article may contain information relating to someone’s gender inequitable experiences including suicides. This may be triggering to readers with similar experiences

By Dr Suzi Chen, Founder of Resilient Leadership Academy

Japan is an amazing country. I have had many fond memories over the years visiting Japan. But Japan is also full of contradictions, particularly when it comes to gender equity. I find myself thinking about Japan whenever the International Women’s Day draws close. 

Three years ago, I penned an article on the eve of the International Women’s Day featuring a dear friend Co-CEO of Hatano Systems Mami Hatano’s advocacy work on gender equity in Japan. Three years on, Mami-san is still the Co-CEO of the company, but she has also become a mother of two. Holding a top job in Japan where the number of female executives is few while looking after her family has become a real balancing act for Mami-san. 

With the 2024 International Women’s Day just around the corner, I was keen to hear from Mami-san and learn how balancing motherhood and corporate world has influenced her advocacy work.  

Suzi: Since our last article in 2021, you’ve continued tirelessly to advance gender equity in Japan. You often take time out of your busy schedule to deliver keynote speeches on this topic. Can you describe for us about Japan’s current state with gender equity?

Mami: The Global Gender Gap Index (1) by World Economic Forum placed Japan 80 out of the 115 countries in 2006. Since the ranking began in 2006, Japan’s position has not improved but declined. The 2023 data ranked Japan 125 out of the 146 countries (1). When it comes to gender equity, Japan remains at the bottom of the G7 countries  

Suzi: That is quite a drop on the Gender Gap Index. What are the factors that may have contributed to this drop? 

Mami: Despite having a close to perfect score in the health and education categories, the 2023 Global Gender Gap Report1 shows economics and politics are holding us back, causing us to drop in the ranking when it comes to gender equity. The problem is a lack of leadership in business and politics, meaning women are not in the decision-making positions.  

Until recently, everyone believed that women’s focus should be on housework and childcare at home. It was what was expected in Japan.  

Suzi: You and I discussed this before. It seems Japan has the most well-educated housewives around the world. While education is strongly valued in your country and yet, highly educated women, once married, often become a housewife rather than staying in the workforce. 

Mami: Yes, this stay-home expectation has had a significant negative impact on women in Japan. Often it seems a woman has no choice but to become a housewife once married or, at times, a woman may have to choose between work promotion and family.  

We know this is an issue. In fact, efforts have been made to better understand this issue. For example, our Ministry of Health, Labor and Welfare in 2015 commissioned a survey (2) to explore this issue. The survey targeted those women whose children were of a primary-school age or younger and chose to return to work. The results were very interesting. 

Over 50% of women who responded to the survey quitted their job after giving birth to their first child. Although the percentage of women returning to work after giving birth to their second or third child has increased, approximately 20% of the women at all stages chose to stay at home after giving birth. 

Suzi: Wow, that’s some statistics! So at any given time, we have about 20% of Japanese women who are employable but are actually out of the workforce presumably to look after family. 

Mami: Yes, you are right. The 2015 survey data (2) tells us the key reasons for those women (both full-time and casual) to leave the workforce were often family related 

Key reasons for Japanese women to leave the workforce (2):

  • “I voluntarily quitted my job to concentrate on housework and childcare” 
  • “It was difficult to maintain a balance due to long working hours (overtime, for example) and irregular working hours.” 
  • “It was difficult to continue working due to issues with my spouse/partner’s work location or relocation.” 

Suzi: Do you think those women who had to give up their career to become a housewife or a mother enjoy working? Or do you think they prefer to stay at home? Because there is nothing wrong wanting to be a housewife or stay-at-home mother, if that’s what a woman wants. 

 Mami: If we were to look at the job satisfaction before those women leaving the workforce, the job satisfaction was very high at around 70-80% (2). I can only infer, based on the data, that most women who voluntarily left the workforce for their family actually found their work rewarding. 

I think the data also showed many women who left their jobs after giving birth wanted to return to work. Only around 5% of women said they had no intention of returning to work after giving birth (2). 

Suzi: I wonder how many women who left the workforce eventually returned to work. I’d imagined their career would be impacted negatively by the break. Because that’s something that is often talked about in Australia – that women can be significantly disadvantaged due to taking a career break to look after family. 

Mami: I’m unsure how many women eventually returned to work after their career break, but I am keen to ask women who have decided to take a career break to look after their family the following questions:  

  • Would you leave the workforce if you were earning as much or more than your husband?  
  • If your husband were to do 50% of the housework and childcare, would you still take a career break? 
  • If babysitting was more readily accepted and available, would you leave your jobs? 
  • If flexible working was accepted and available, would you leave your jobs? 

Suzi: These are very good questions. I want to know the answers, too. 

Mami: Of course, wanting to become a housewife to focus on family is not a bad thing. The important thing to note is whether you actually have a choice or if you are simply expected to give up your career for your family. All choices come with pros, cons, rewards and risks. It is important to take a bird’s-eye view when making these decisions. 

Suzi: Talking about choices and risks, what are some of the risks associated with becoming a housewife?  

Mami: I can think of two main risks when a woman gives up her career and become a housewife.  

The first risk is not being financially independent. A woman can be at risk of poverty if their marital status changes due to divorce or bereavement.  

According to the National Single-Parent Household Survey (3), Japan had 1.419 million single-parent families in 2016. Of which, the majority were single-mother families at about 86.8%; only about 13.2% were single-father families. However, a single mother earns way less than a single father. In 2015, the annual income of single-mother households was 2 million yen, while the annual income of single-father households was 3.98 million yen.  

Suzi: I can see there is a big gender pay gap among single-parent families. We are looking at a nearly 50% difference. 

Mami: Yes. And naturally, single-parent families earn less than two-parent families. For example, according to a report published in 2016, the average income for a two-parent family with children was 7.07 million yen (4) 

So we can see the financial contribution made by the women to the family is huge, if they continue to work after getting married or after giving birth. Financially, it makes a big difference. 

Even if a relationship remains strong, a woman can still be impacted significantly if they are not financially independent. What happens if the husband gets ill or becomes unemployed? All of a sudden, a family with only a single income can plunge into a financial crisis overnight. 

The second risk that I can see when a woman is expected to stay at home after getting married or giving birth is the physical and mental burden that is placed on Japanese men who now must be the sole breadwinner.  

Suzi: Absolutely. Imagine that pressure on a relationship and on one’s mental health. 

 Mami: Yes. According to Japanese government, in 2021 alone we had 20,840 suicides – 13,490 men and 7,350 women committing suicide (5). And men are twice more likely to commit suicide than of women in Japan (5). 

If we were to look at the reasons behind these suicides, financial hardship played a big role. The numbers are depressing: 2,922 men committed suicide in 2021 due to financial and lifestyle-related issues compared to 454 women who committed suicide in the same year (5) 

Challenging work environment also puts pressure on Japanese men’s mental health. In 2021, 1,628 men committed suicide due to work problems such as fatigue or poor interpersonal relationships compared to 307 women who committed suicide (5).  

In his research note, High Suicide Risk Groups and Gender Differences in the 2000s, author Ryusei Komorida (6) also pointed out the causes and motivations for suicide among Japanese men often were related to “economic/lifestyle problems” and “work problems”. 

The societal expectation on Japanese men being the sole provider for the family is deeply rooted. Over 50% of men – 10% higher than women – had indicated they were hesitant to seek help when encountering problems or feeling stressed (7).   

This misguided view of masculinity – men must be strong – can also be very damaging to a relationship, potentially leading to marriage breakdown.   

Suzi: This toxic masculinity doesn’t only exist in Japan. It also exists in other parts of the world including Australia. There is a big push about positive masculinity in Australia in recent years to better educate the public and to encourage men to speak up and seek support when needed. 

The theme for this year’s International Women’s Day is Count Her In: Invest in Women. Accelerate Progress.  

Share with us your thoughts on this theme. 

Mami:  The theme highlights the need for us to transform everything. For example, we need a new work environment that goes beyond the conventional wisdom of improving work styles, working attitudes, systems, culture and business processes. The transformation should focus on investing in women.  

But if you’re going to invest in women, you’ll need to have some clarity about financial returns. For ageing Japan, an increase in workforce through women will be critical to sustain Japanese economy. This, in turn, will benefit household income and living standards.  

But I would also like to focus on qualitative returns instead of just financial returns that we often focus on in business. 

For Japanese economy to improve, we need diverse perspectives including women’s view in the decision-making process, which will add value to services and products and improve our society in general. By doing so, we can build a harmonious future where minorities are being looked after and people are enriched both physically and mentally.  

Diversity and its positive impact are better appreciated professionally. But I see the same approach should be applied to families.  

I advocate equal participation and contributions from wife and husband. The traditional approach of the husband bringing home money while the wife solely looks after the family isn’t ideal. Not only does this rigid separation of duties have a negative impact on women’s career progression, the overall family’s stability, harmony and quality of life is also impacted. 

With more equitable participation from both husband and wife, I envisage more dialogues taking place between the couple. Family decisions on a variety of matters would be made together meaningfully. And these discussions may include how to interact with children, how household responsibilities could be shared and the possibility of engaging a babysitting service to enable a mother to return to work. 

Equitable participation from both partners has health benefits too. Studies (8) have also shown that postpartum depression in women was reduced when housework and childcare responsibilities were shared by both partners. When we consider one in ten Japanese women suffers from postpartum depression, support to mothers cannot and should not be overlooked. 

Counting women in and investing in women, in the long run, will allow us to build a stronger family, reduce financial and mental stress of the couple and provide a better-quality future for everyone, including our children. 

That’s what I meant when I said transformation when it comes to the theme of this year’s International Women’s Day. It means social transformation by including women in all aspects of life and decision-making process. 

About Mami Hatano 

As Co-CEO of Hatano Systems, a Tokyo-based engineering company specialising in servicing power generator systems since 1946, Mami is uniquely positioned to be a gender equity advocate and role model as female leadership is still relatively uncommon in construction business in Japan. 

References: 

  1. World Economic Forum (2023) Global Gender Gap Report 2023 
  2. Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan (2015) 出産・育児等を機に離職した女性の再就職等に係る調査研究事業  労働者アンケート調査結果 (Research project related to reemployment of women who left their jobs due to childbirth, childcare: Labor survey results)
  3. Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan (2016) 平成 28 年度 全国ひとり親世帯等調査結果の概要 (Summary of FY2016 National Single-Parent Household Survey Results)
  4. Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan (2016)平成 28 年 国民生活基礎調査の概況 (Overview of the 2016 Basic Survey on National Living)
  5. Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan (2022) 令和3年中における自殺の状況 第3章令和3年中における自殺の内訳 (Suicide situation during 2021 Chapter 3 Breakdown of suicides in 2021), 令和3年自殺統計にもとづく自殺者数(付録1)  (Appendix 1: Number of Suicides by Age and Cause/Motive)
  6. Ryusei Komorida (2013): 2000年代の高自殺リスク群と男女差:―既存統計資料の整理と課題抽出に向けて (Age, Gender, and Suicide Risk in the 2000s Japan: An Exploratory Study based on Official Statistics)
  7. Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan (2016) 平成28年度自殺対策に関する意識調査 (Awareness Survey on Suicide Countermeasures 2016) 
  8. Japan Association of Obstetricians and Gynecologists (July 2017) 産後うつ病について教えてください (Please tell me about postpartum depression)

波多野麻美氏と語る2024年国際女性デー:日本の経営者の視点 スージー・チェン著  

日本は素晴らしい国です。 私は日本を訪れて何年もの間、たくさんの楽しい思い出を作りました。しかし日本は、特にジェンダー平等に関して矛盾に満ちている国でもあります。私は国際女性デーが近づくといつも日本のことを思い出します。3年前、私は国際女性デーの前夜に、親愛なる友人で株式会社ハタノシステムの経営者である波多野麻美さんの日本のジェンダー平等に関する活動を特集した記事を書きました。3 年が経過した今でも、麻美さんは会社の代表取締役を務めていますが、2 人の子供の母親にもなりました。女性幹部が少ない日本でトップの職に就きながら、家族の世話をするのは、綱渡りのように難しいことです。2024 年の国際女性デーが目前に迫っている中、母親であることと企業経営との両立が麻美さんのジェンダー平等の推進活動にどのような影響を与えているかについて伺いたいと思いました。

スージー:2021 年の前回の記事以来、あなたは日本におけるジェンダー平等の推進に精力的に取り組み続けてきました。あなたは忙しいスケジュールの合間を縫って、このテーマに関する基調講演を行うことがよくあります。ジェンダー平等に関する日本の現状について説明していただけますか?  

麻美:2006年、世界経済フォーラムによる「ジェンダーギャップ指数 ※1」 で日本は115 ヶ国中80 位でした。2006 年にランキングが始まって以来、日本の地位は向上するどころか低下しています。2023 年のデータでは、146 ヶ国中 125 位にランク付けされています※1。ジェンダー平等に関して言えば、日本は依然としてG7の中で最下位に位置しています。 

スージー: ジェンダーギャップ指数はかなり下がっていますね。この減少に影響したと考えられる要因は何でしょうか?  

麻美: 2023 年世界ジェンダーギャップリポート※1で、日本は健康と教育のカテゴリーで満点に近いスコアを獲得しているにもかかわらず、経済と政治が足を引っ張り、ジェンダー平等に関してランキングを落としていることが示されています。 問題は、ビジネスや政治における女性のリーダーシップの欠如であり、それは女性が意思決定する立場にないことを意味します。最近まで、女性は家庭で家事や育児に重点を置くべきだと誰もが信じていました。それは日本でも期待されていたことでした。

スージー: あなたと私は前にこのことについて話し合いました。日本は世界で最も高学歴の主婦が多いそうですあなたの国では教育が強く評価されていますが、高学歴の女性は結婚すると、仕事に留まらずに主婦になることがよくあります

麻美: はい、この女性が家庭に留まることへの期待は日本の女性に重大な悪影響を与えています。多くの場合、女性は結婚したら主婦になるしか選択肢がないように見えます。また、場合によっては、女性は仕事の昇進か家庭のどちらかを選択しなければならないこともあります。 これは問題であると認識しています。実際、この問題をより深く理解するための努力がなされてきました。たとえば、厚生労働省は 2015 年にこの問題を調査するための委託調査を行いました※2。これは、小学生以下の子どもがおり、仕事への復帰を選択した女性を対象にした調査でした。結果は非常に興味深いものでした。調査に回答した女性の50%以上が第一子の出産後に仕事を辞めています。第2子、第3子の出産後に仕事に復帰する女性の割合は増加しているものの、どの段階でも約2割の女性が産後も家に留まる選択しています。

スージー: わぁ、それは興味深い統計ですね!つまり、いつでも、日本女性の約 20% は雇用可能であるにもかかわらず、実際にはおそらく家族の世話をするために仕事を離れているということになります 

 麻美:はい、その通りです。2015 年の調査データ ※2 によると、これらの女性(正社員・非正社員共に)が仕事を辞める主な理由の多くが家族関連でした。  

出産・育児等を機に離職した理由をみると、最も割合が高いのは以下の3点です。 

・家事・育児に専念するため、自発的にやめた 
・勤務時間が長い(残業など)・不規則など、時間的に両立が難しかった 
・配偶者・パートナーの勤務地の問題や転勤で、仕事を続けるのが難しかった  

スージー: 主婦や母親になるためにキャリアを諦めなければならなかった女性たちは、仕事を楽しんでいると思いますか? それとも彼女らは家にいるほうがいいと思いますかなぜなら、女性がそれを望むのであれば、主婦や専業主婦になりたいと思うのは何も悪いことではないからです 

麻美: 女性が退職する前の仕事の満足度を調べてみると、仕事の満足度は約 70 ~ 80% と非常に高かったです※2。データに基づいて推測できるのは、家族のために自発的に仕事を辞めた女性のほとんどが、実際に仕事にやりがいを感じているということです。出産を機に仕事を辞めた女性の多くが仕事復帰を望んでいることもデータに表れていると思います。出産後に仕事に復帰するつもりがないと答えた女性はわずか約 5% でした※2 

スージー: 職場を離れた女性のうち何人が最終的に仕事に復帰したのでしょう。私は彼女らのキャリアが休止することによって悪影響を受けるだろうと想像しました。なぜなら、オーストラリアでは女性が家族の世話のためにキャリアを休むことで著しく不利な立場に置かれる可能性があるということがよく話題になるからです。 

麻美: キャリアを中断した後、最終的に仕事に復帰した女性が何人いるかはわかりませんが、家族のお世話をするためにキャリアを中断することを決めた女性に私は次の質問をしてみたいと思っています。 

・もし夫と同じかそれ以上の収入を得ていても、あなたは仕事を辞めましたか?  
・もし夫が家事と育児の 50% を担当するとしても、あなたはキャリアを休みましたか?  
・もしベビーシッターがもっと気軽に利用できる環境であったとしても、あなたは仕事を辞めましたか?  
・もしフレキシブルな働き方が認められ、自分のライフスタイルに合わせて働けるようになっいたとしても、あなたは仕事を辞めましたか?  

スージー: とても良い質問ですね私も答えが知りたいです 

麻美:もちろん、家庭を大切にするために主婦になりたいというのは悪いことではありません。注意すべき重要なことは、実際に他の選択肢がある中でその選択をするのか、それとも単に家族のためにキャリアを放棄することを期待されているのかということです。すべての選択には長所、短所、利益とリスクが伴います。これらの決定を行う際には、俯瞰的な視点を持つことが重要です。 

スージー: 選択肢とリスクについて話しますが、主婦になることに伴うリスクにはどのようなものがありますか?

麻美:女性がキャリアを諦めて主婦になる場合、主に2つのリスクが考えられます。最初のリスクは経済的に自立していないことです。離婚や死別により婚姻状況が変化した場合、女性は貧困の危険にさらされる可能性があります。全国ひとり親世帯等調査※3によると、2016年時点で日本のひとり親家庭は141万9千件。そのうち母子家庭が約86.8%と大部分を占め、母子家庭は約86.8%を占めています。父子家庭はわずか約13.2%でした。しかし、シングルマザーの収入はシングルファーザーよりもはるかに少ないです。2016年に発表された調査結果では母子世帯の平均年収は200万円、父子世帯の平均年収は398万円でした。※3  

スージー: ひとり親家庭では男女間の賃金格差が大きいことがわかります。50%近くの差が見られます。 

麻美:はい。そして当然のことながら、ひとり親家庭の収入は二人親家庭よりも少なくなります。 例えば、2016年発表のデータによると、子どもがいる二人親家庭の平均所得は約700万円※4です。したがって、女性が結婚後または出産後も働き続ける場合、彼女たちが家族にもたらす経済的貢献は多大であることがわかります。経済的には大きな違いが生じます。たとえ関係が強いままであっても、女性が経済的に自立していない場合、女性は依然として大きな影響を受ける可能性があります。夫が病気になったり、失業したりしたらどうなりますか?たった 1 つの収入しかない家族が一夜にして経済危機に陥る可能性があります。  

結婚や出産後に女性が家庭に留まることが予想される場合の第二のリスクは、唯一の稼ぎ手となる男性に身体的・精神的負担がかかることです。  

スージー:その通りです人間関係や精神的健康に対するそのプレッシャーを想像してみてください 

麻美:はい。日本政府によると、2021 年だけで 20,840 人が自殺し、その内訳は男性 13,490 人、女性 7,350 人でした※5。そして、日本では男性の自殺率が女性の約2倍の人数となっています※5。これらの自殺の背後にある理由を調べてみると、経済的困難が大きな役割を果たしていました。 この数字は深刻なもので、2021 年に経済的およびライフスタイル関連の問題が原因で自殺した男性は 2,922 人だったのに対し、同年に自殺した女性は 454 人でした※5 

厳しい労働環境は、日本人男性の精神的健康にもプレッシャーを与えています。2021年、疲労や対人関係の悪化などの仕事上の問題を理由に自殺した男性は1,500人を超え、女性は307人でした※5。常磐大学准教授の小森田龍生氏も、著書『2000年代の自殺リスクの高いグループと性差』の中で、日本人男性の自殺の原因と動機は「経済・ライフスタイルの問題」や「仕事の問題」に関連していることが多いと指摘しました※6。男性が家族を養える唯一の存在だという日本社会の期待は根強いです。男性の 50% 以上 (女性より 10% 高い) が、悩みを抱えたり、ストレスを感じたときに助けを求めることをためらっていると回答しました※7。男性は強くなければならないという誤った男らしさの見方も、人間関係に大きなダメージを与え、結婚生活の破綻につながる可能性があります。 

スージー:この有毒な男らしさは日本だけに存在するものではありません。オーストラリアなど世界の他の地域にも存在します。オーストラリアでは近年、国民への教育を強化し、男性が必要に応じて声をあげて支援を求めるよう奨励するために、ポジティブな男らしさについての大きな推進が行われています。今年の国際女性デーのテーマは「Count Her In: Invest in Women(彼女を数に入れる、仲間に入れる:女性への投資)」「Accelerate Progress(進展を加速する)」です。このテーマに関するご意見をお聞かせください 

麻美: このテーマは、私たちがすべてを変革する必要性を強調しています。例えば、働き方、働く姿勢、制度、文化、業務プロセスの改善など、これまでの常識を超えた新たな労働環境が必要です。その変革は女性への投資に焦点を当てる必要があります。しかし、女性に投資する場合は、経済的・数値的なリターンについてある程度明確にする必要があります。高齢化する日本にとって、日本経済を維持するには女性による労働力の増加が不可欠です。これはひいては世帯収入と生活水準に利益をもたらします。しかし私は、ビジネスにおいてよく重視される金銭的な利益だけではなく、質的な利益にも焦点を当てたいと考えています。日本経済が改善するためには、意思決定プロセスにおける女性の視点を含む多様な視点が必要であり、それがサービスや製品の価値を高め、社会全体をより良くすることにつながります。そうすることで、マイノリティが大切にされ、人々が心身ともに豊かになる調和のとれた未来を築くことができます。多様性とそのプラスの影響は、ビジネスでは高く評価されています。しかし、同じアプローチを家族にも適用する必要があると私は考えています。私は妻と夫が平等に家庭に参画し、貢献することを主張します。夫が家にお金をもたらし、妻が専ら家族の世話をするという従来のアプローチは理想的ではありません。この厳格な職務分掌は女性のキャリアアップに悪影響を与えるだけでなく、家族全体の安定、調和、生活の質にも影響を与えます。夫と妻の両方がより公平に参画することで、夫婦間でより多くの対話が行われ、さまざまな事柄について家族が一緒に意義のある決断ができると私は想定しています。 そして、これらの議論には、どのように子どもと関わるのが良いのか、家事をどのように分担するか、母親が仕事に復帰できるようにベビーシッターサービスをどのように利用するか等も含まれるでしょう。 双方のパートナーが公平に参画することで、健康上のメリットも得られます。 資料※8 では、家事と育児の責任を両方のパートナーが分担すると、女性の産後うつ病が軽減されることも示されています。 日本の女性の10人に1人が産後うつに苦しんでいることを考えると、母親へのサポートは見落とすことはできませんし、見落とされるべきではありません。 「Count Her In: Invest in Women」は、長期的にはより堅固な家族を築き、夫婦の経済的および精神的ストレスを軽減すると共に、子供たちを含むすべての人により質の高い未来を提供することを可能にします。今年の国際女性デーのテーマに関して私が変革と言ったのは、まさにそういう意味でした。それは、生活と意思決定プロセスのあらゆる側面に女性を含めることによる社会変革を意味します。  

波多野麻美について  

1946 年以来、発電システムのサービスを専門とする東京のエンジニアリング会社であるハタノシステムの代表取締役。日本の建設業界では女性のリーダーシップがまだ比較的珍しいため、ジェンダー平等の提唱者およびロールモデルとして独特の立場にあります。 

 参考文献: 

1.World Economic Forum (2023) Global Gender Gap Report 2023 (=ジェンダーギャップ指数報告書) 

2.厚生労働省 (2015) 出産・育児等を機に離職した女性の再就職等に係る調査研究事業  労働者アンケート調査結果 (=Research project related to reemployment of women who left their jobs due to childbirth, childcare: Labor survey results)

3.厚生労働省 (2016) 平成 28 年度 全国ひとり親世帯等調査結果の概要 (=Summary of FY2016 National Single-Parent Household Survey Results)

4.厚生労働省(2016)平成 28 年 国民生活基礎調査の概況(=Overview of the 2016 Basic Survey on National Living)

5.厚生労働省 (2022), 令和3年中における自殺の状況 第3章令和3年中における自殺の内訳 令和3年自殺統計にもとづく自殺者数 (付録1)  

6.小森田龍生研究ノート(2013) 専修人間科学論集 社会学篇 Vol.3,No.2,pp.117~126, 2013): 2000年代の高自殺リスク群と男女差ー既存統計資料の整理と課題抽出に向けてー  

7. 厚生労働省(2016) 平成28年度自殺対策に関する意識調査 (=Awareness Survey on Suicide Countermeasures 2016) 

8.公益社団法人日本産婦人科医会(2017)女性の健康Q&A「山号つについて教えてください!」